想い出をカタチに 。

color-stitch

【フォト刺繍shop】

Blog

■フォト刺繍の選ぶ方法

フォト刺繍をタイプ別に選ぶ方法

 

フォト刺繍を、4つのタイプ別・目的別に分けてみました。

 

(a)表現力 (b)シーン (c)サイズ (d)価格

 

フォト刺繍を選ぶ場合など、何かの目安になるかもしれません。参考になるかもしれません。

フォト刺繍ショップのcolor-stitchは、刺繍の可能性を追求しています。自分なりの思いを刺繍に乗せてみませんか。お手伝いさせてください。

 

フォト刺繍 札幌 初孫 息子夫婦 プレゼント 刺繍ミシン

 

 

(a)表現力で選ぶ

 

フォト刺繍にとって表現力の1つに、糸の色の使用数があります。

糸の色が多ければ、表現が豊かになり、より写真に近く再現できるようになります。

 

その表現力別に3段階を設定しています。プレミアム』・『スタンダード』・『リーズナブルタイプです。

 

『プレミアム』タイプ

糸色を最大の50色使って刺繍します。

50色は一見少ないと思うかもしれませんが、糸と糸は決して混ざり合うことはないですが、重なり合うと、グラデーション効果により、50色以上使っているように感じます。不思議です。

 

スタンダード』タイプ

糸色を25色以内で表現しています。

プレミアムタイプの半分の色しか使っていないと思うでしょうが、さにあらず。

ペットや子供の場合、あまり多くの色を使用しなくてもキレイに再現できてしまうので、プレミアムタイプにあまり見劣りしません

ペットの場合、逆にこの位の方がスッキリと表現できる場合もあります。

 

『リーズナブル』タイプ

糸色を12色以内で表現しています。

リーズナブルタイプは、プレミアムやスタンダードタイプとは違い、表現力に制限がでてきます。

例えば、本来赤色で表現したい所がオレンジになったりします。

というのは、赤を使うことによって全体的に色のバランスが崩れてしまうためです。

何かの色を使うと、何かの色を捨てなければなりません。

 

12色以内であるがゆえに、この見極めも難しい所があるのがリーズナブルタイプです。ご注文いただく場合には、この点を十分ご理解いただきますようお願いします。

 

 

作業工程は、『プレミアム』『スタンダード』『リーズナブル』のどのタイプもほとんど変わりません。

作り手としては、プレミアムは時間がかかり、リーズナブルは時間がかからないのがいいのですが、悲しいかなさほど変わりません

でも、出来上がりの感じはやはりどれも違います。

 

『プレミアム』タイプ:【F2】・【F4】

『スタンダード』タイプ:【A24】・【PW】シリーズ

『リーズナブル』タイプ:【N12】

 

 

 

(b)シーンで選ぶ

 

フォト刺繍は、インテリアワッペンアルバム3つのシーンがあります。

 

フォト刺繍【F4】と【F2】は、フレーム(額縁)に収めています。豊かなインテリアの一部として飾っていただけます。

また、ウェルカムボード、サインやディスプレイとしてもいかがでしょうか。

 

フォト刺繍ワッペン【PW】シリーズは、服やバッグなどにセットインして、着るフォト刺繍というのは大げさな言い方でしょうか。

 

ポートレートフォト刺繍【A24】は、アルバムに収納してお届けします。

L版写真を80枚収容できるポケットアルバムなので、フォト刺繍ともにプレゼントもできます。ケースに入っているので持ち歩くフォト刺繍です。

 

インテリア:【F4】・【F2】

ワッペン:【PW】

アルバム:【A24】

 

また【N12】は、フレームや収納物は付いていません。

そのため、使用方法は自分次第

自分好みのフレームに収めてインテリアとしてもいいですし、ペット服にワッペンのように縫い付けてみるのもお勧めです。

 

フォト刺繍A24

 

 

(c)サイズで選ぶ

 

フォト刺繍【F4】タイプが最大の規格サイズになります。

以下、【F2】【N12】【A24】【PW】のワッペンが一番小さいサイズになります。

 

オーダーがあれば、どのサイズでもフォト刺繍は作ることができます。

ただし、サイズが小さくなればなるほど、刺繍の精度が下がります

人の顔なら5cm以上は欲しいところです。

 

【F4】の刺繍サイズ : 30×20cm

【F2】の刺繍サイズ : 20×15cm

【N12】の刺繍サイズ : 18×13cm

【A24】の刺繍サイズ : 14×9.2cm

【PW】の刺繍サイズ : 9.5×9.5cm(ワッペン枠含む)

 

フォト刺繍 犬 ペット ワッペン プレゼント 還暦祝い

 

 

(d)価格で選ぶ

 

フォト刺繍の価格は、表現力とサイズで決まるといって過言ではありません。

商品を選ぶ最大のポイントは、やはり価格になるでしょうか。

フォト刺繍の設定価格は、安いとは決して言えないかもしれません。

 

でも、写真屋さんで1枚写真を撮ってもらったら、絵画の自画像を1枚描いてもらったらいくらかかるでしょうか。

フォト刺繍は、結婚式でも、お葬式でも利用できます。

糸と生地ですから、汚れれば洗うこともできます。洗える絵画と言えるかもしれません。選択肢の1つにフォト刺繍は入りませんか?

 

写真を刺繍するという、写真のような絵画のようなフォト刺繍。

思い出をカタチに

 

【F4】 ¥24.000

【F2】 ¥16,000

【N12】 ¥9,800

【A24】 ¥7,900

【PW】 ¥6,200

全て税込み価格。(2017.11.01現在)

 

フォト刺繍 オーダー color-stitch 柴犬

 

 

以上、4つのタイプ別でフォト刺繍の選ぶ方法を紹介しました。

 

ご自身のスタイルに合った、使用方法から選ぶのも面白いかもしれません。

これら以外にも、こんなフォト刺繍が欲しいと思ったら問合せしてみてください。

 

その他、刺繍アクセサリーや刺繍グッズなど自由なオーダーも承っています。

女性スタッフが作成しますので、こちらも得意といえます。お気軽にどうぞ。

 

 

 

【Photo Stitch】

【刺繍商品一覧】

 


Top