想い出をカタチに 。

color-stitch

【フォト刺繍shop】

Owner Blog

僕らの馴染みのバー元町age最後の日

とうとうこの日がやってきました。

札幌市東区にある馴染みのバー元町age、閉店の日。

 

元町age(エイジ)

 

店の建物が古く、大家さんが限界と決断したようです。

元々は、1階が住居、2階がアパートといった物件を、

元町ageの店主、永作博美似のカナさん(本人が言うのだからしょうがない)が、1階のみを借り、居酒屋風のお店をオープンしたようです。

元町界隈ではリーズナブルな物件だったと言っていました。

 

2階のアパートは、借りる人がいなく閉鎖状態。

確か50年ほど前のアパートのようですから、今の時代に合わないことは理解できますし、

大家さんとしては、そのままにしておくのは、もったいないと考えるのは普通でしょうね。

 

最終日

 

最後の日に、都合がついて元町ageに集まった友達は計4人。

季節柄か、年齢の関係か、私を含めた4人のオジサンは、症状こそ違いがあれど、みんな風邪を引いていました。

 

9時頃に着きました。

テーブル4つほどの大きな店ではないですが、常連さんで一杯でした。

店の雰囲気もそうですが、カナさんの人柄も大きいですね。

年配者に気遣ったのか、座る場所を譲って頂き、申し訳ないです。

 

最終日

 

各テーブル一杯に色々な料理がでていて、ビュッフェスタイルでした。

カナさんの旦那さん(BAR ATOMIC AGE)もサポートに来ていました。

元町ageにあるサーバーのビールは飲みきり、ウォッカ、ワイン、あと何呑んだっけ?

常連さんとのいろいろな出会いもありました。

ある女性には、後になってから申し訳ないことをしたなと思った。何やってんだろう・・・

 

最後は元町ageの店の前で記念写真を撮ったりして解散。

ただ、僕のコートを誰かが間違って持って行ってしまったため、近くの店で飲みながら待っていました。

少ししたら、間違った人が気付いたらしく交換しに来て、無事一件落着。

そこの店を出たのは4時を回っていました。

みんな風邪を引いていたのに、元気な50代です。

 

元町age最終日

 

そんなこんなで、我々の馴染みのバー元町ageは閉店してしまいました。

馴染みの店がなくなるのは本当に寂しいです。

元町ageのカナさんは、まだ次の店は決まっていないらしく、しばらくは専業主婦だそうです。

 

 

もし、またバーを開店することがあれば、またみんなで行くよ。

そんな日を期待しつつ・・・

 

 

 

【札幌市東区にある馴染みのバー元町ageへ】

 

【color-stitch(カラースティッチ)】

【オーナーブログ】

 


Top