想い出をカタチに 。

color-stitch

【フォト刺繍shop】

Owner Blog

プリンターから複合機へ

仕事では欠かすことの出来ないプリンターや複合機。企業では大半が使っていることでしょう。

 

当社は印刷関連なので、A3用紙対応のプリンターは不可欠です。

最初は、個人会社で、中古のXEROXのカラーレーザープリンターから始まりました。

A3対応なので、これはとにかく巨大で重かったです。体格のいい大人二人で持っても辛いくらいでした。

 

当時のカラーレーザープリンターは遅いので、RICOHのモノクロレーザープリンターも買い足しました。

モノクロレーザープリンターは必要に応じて最新に切り替え、Canonのインクジェットプリンターも平行して使っていました。仕事柄、A3ノビサイズの用紙を使うので、それに対応するためです。

 

事務用に中古のコピー機も使っていました。本当に小さな会社なのですが。

ちなみに、個人で使用していたプリンターは、ALPSの昇華型プリンター、EPSONのインクジェットでした。一貫性はまったくなし。プリンターを販売している全ての企業を網羅する感じです(>_<)

 

事務所

 

自宅兼事務所を建て替えるのを機に

カラーレーザープリンター、モノクロレーザープリンター、コピー機を処分。RICOHの複合機1つにシフトチェンジしました。

 

最初から複合機にしとけば、という意見もあると思いますが、10年以上も前は、複合機の出力の解像度は(当社にとって)低く、プリンターの解像度でないと、まだまだ仕事には厳しかったのです。

 

複合機に変更してからは

「カウンター方式」→「トナー方式」→「カウンター方式」と機種と契約の方式を替えました。

仕事の変化に対応し、複合機も替えたのです。つまり、裏を返せば営業マンの思う壺、というやつです。

 

複合機

 

今年5月末に買い替えたばかりの複合機。良かったのか悪かったのか、思うところはあります。

前の複合機が4年使ったので、あと1年使えば安いリース料になるので、当初は替える予定はなっかです。

 

前回は「トナー方式」だったので、トナー代が気になっていた頃でしたし、仕事の内容や出力事情が変わってきた、ということもあり、思い切って替えました。

 

切り替えてからまだ1か月なので、金銭面(ランニングコストとか)で、良かったのか悪かったのかまだ全然分かりません。

 

 

でも、複合機と畳は新しい方が良い、という諺がありましたよね?

 

 

【color-stitch(カラースティッチ)】

【オーナーブログ】

 


Top