想い出をカタチに 。

color-stitch

【フォト刺繍shop】

Owner Blog

今さらアーバンプレス(2):Urban Press

フォト刺繍shop『color-stitch(カラースティッチ)』の母体は印刷会社です。

その印刷会社が今でも現役で使用している、古いDTP(組版)ソフト『アーバンプレス(Urban Press 3.0)』の紹介、その2です。

 

【DTP】

DTP(組版)とは、書物など印刷のためのデータをパソコンで編集、版下作成することです。日本には「タテ組」があるため、DTPソフトの真価が問われます。

 

【DTPソフト】

DTPソフト(組版ソフト)には、メーカー(モリサワ、写研、モトヤ、大日本スクリーン、等)の他に、

「Page Maker(ページメーカー)」「Quark XPress(クオークエクスプレス)」「Urban Press(アーバンプレス)」「EDICOLOR(エディカラー)」「InDesign(インデザイン)」等の市販ソフトがあります。

 

【アーバンプレス】

アーバンプレス(Urban Press 3.0)は、1997年に発売されたWindows対応の日本語組版(DTP)ソフトです。

 

上記に挙げたDTPソフトは、メーカーを含め多くが製造中止になっていたり、なる予定だったりします。アーバンプレスはかなり前に製造中止になっています。

ここ最近、印刷会社・関連会社が淘汰している状況でもあり、今あるシステムが十分で新しく購入する意味があまりない事と、「Illustrator(イラストレータ)」でも組版作業が出来てしまうからだと思っています。(あくまでも個人的見解です!)

 

また、

「Word」や「一太郎」などのワープロソフトと、DTPソフトとでは一線を画します。

なぜなら、アーバンプレスなどの「印刷機による印刷」をすることを目的としたソフトと、そうではないソフトとでは、インク(印刷機)の問題があるからです。結構重要な点です。

ただ、使い方によってはワープロソフトでも十分使えるレベルまできているかもしれません。

 

印刷のことは、(color-stitchホームページ)商品一覧の『案内状印刷【二つ折カード・封筒】』で紹介しています。

 

 

UrbanPress段落書式

▲アーバンプレスの段落書式パレットと文字属性パレット

 

今回もアーバンプレスの便利な機能を2つ紹介します。

■epsデータ書き出し

アーバンプレスは「eps」ファイルや「TIFF」ファイルなどのデータ書き出しができます。

使い勝手がいいのはやはり「eps」です。

印刷を外注する場合は、「eps」に書き出したデータを渡します。フォントは自動的にアウトライン処理され、どの印刷にも問題なく使えます。

また「TIFF」ファイルなら、アーバンプレスで一度作っておけば互換性のないソフト、epsファイルが使用できないソフトでも添付利用できます。

 

■文字属性・段落書式

DTPソフトはここを極めましょう。

まず「段落書式」(スタイル)で、書体、サイズ(Q数)、行間、揃え、カラー、などの設定決め、“タイトル”や“リード文”などとして保存しておくと、アーバンプレスの編集時にとても便利に素早く作業が行えます。

タイトルやリード文、本文などの文章スタイルを後で変更しなければならない時でも、段落書式で変更すれば、そのファイルでの全ページのスタイルは自動的に適応されます。

アーバンプレスで新しく作った段落書式は保存できるので、定期物の編集ならば一度決めておけば、後はそのデータを読み込めばOK。

 

文字の部分的な設定は「文字属性」で行います。

部分的な書体変更、上付き設定やサイズ変更、回転、ベースライン調整などなど。アーバンプレスの基本操作になければ追加して作ります。

 

編集作業が日々進めれば、追加の段落書式や文字属性のアーバンプレスデータが増えます。

ということは、新規で段落書式を作ったり、新たに文字属性を作ることが徐々になくなるため、作業がスピードアップしていきます。

 

 

 

アーバンプレスが発売当初の1997年は、まだ電算写植や組版専用機は活躍中の時代で、アーバンプレスには、ファンクション処理(タグ付きテキスト)機能もありました。

テキストでタグを入力し、アーバンプレスの編集で文字を流し込むだけで組版完了、ということも可能です。

組版の慣れた人には便利な作業方法かもしれません。昔ならではの機能です。

【続く】

UrbanPress 3.0

 

『今さらアーバンプレス:Urban Press』

 

 

フォト刺繍shop【color-stitch(カラースティッチ)】

 


Top